ご確認ください 2023年度版のカタログをお持ちの方はこちらのサイトへ

商品券を贈るときには

重要なお知らせ

商品券を贈る場合には

出産内祝いに商品券(ギフトカード)は失礼?

内祝いの贈り物として「現金」は避けることが望ましいとされています。
現金を贈ると金額が露骨にわかるので、お返しの金額として多かった・少なかったという思いを相手にさせてしまったり、相手のことを考えて選んだという心遣いに欠けると相手に感じさせてしまったりする可能性があります。特に、目上の方へ現金を贈ることは失礼にあたるので気を付けましょう。
そこで考えるのは「現金が失礼に当たるのであれば、商品券も良くないのかな?でも、実用的だし、現金ほどあからさまな感じもしないし・・・」と迷いますよね。

出産内祝い イメージ

最近では…

出産内祝い 商品券を贈る場合 イメージ
商品券を贈る時には、ちょっとしたお菓子を添えて贈りましょう。
最近では「何を贈ったら喜んでもらえるのかわからない」というときに商品券(ギフトカード)を内祝いとして贈る方も多くなってきました。
ただ、金額が分かってしまうような商品券を贈るのは少し注意したいもの。例えば、会社の上司や義理の両親などの自分より目上の方の中には気にされる方がいらっしゃる場合がありますので避ける方が無難です。もし、目上の方から「商品券でいいよ」と言われた場合にも、半返しの金額の商品券にちょっとしたお菓子を添えるなど工夫することもおすすめです。

商品券に賛成派?反対派?

商品券をもらったことのある方からは「自分で好きなものを買える」「好みじゃないものをもらうよりも嬉しい」「一番実用的!」など好意的な意見もあるのですが、「金額がはっきりしていて嫌だ」「相手に金額が少ないと思われそう」「相手の家計を気にしていると思われたくない」など難色を示す方も実際多くいらっしゃいます。

お相手に好きなものを選んでいただける「カタログギフト」がおすすめ!
せっかくの贈り物なので、気持ちよく喜んで頂きたいものですよね。相手の好みがわからないので、何を贈ったらいいのか…?というときには、贈り先の方が自由に商品を選べるのでとても人気です。それぞれのカタログギフトの特徴をチェックして、贈り先の方にぴったりの一冊を選びましょう。

カタログギフトがおすすめ♪

マナーの一覧に戻る

サービスガイド

  • 送料0円
  • メッセージカード
  • のし・包装紙無料サービス
  • 会員サービス
  • WEB注文限定キャンペーン